相棒達に感謝する

俺の思い出には必ずオートバイがあった。決して大切にしてやったとはいえないが、それなりに全車、俺なりの愛しかたで、愛した。ST250と比べるとどいつもこいつもパワフルで突き抜けた性質があったが正直、最初のクラブマンに乗った俺に、ガンマに乗った俺に、グースに乗った俺に、真にふさわしいのは今のST250みたいなオートバイだっただろう。俺はよく今まで生き残ったと、本当にそう思う。俺はオートバイを、明らかに間違ったやり方で楽しんでいた。懐かしいが、怖ろしい

 

コメント